相続とは

相続の基本知識

相続とは

相続とは、亡くなった人の財産や権利、義務などを一定の家族や親族が継承する(引き継ぐ)ことを言います。
相続は民法に基づく法定相続分による場合と、遺言に基づく指定相続分による場合があり、
遺言がある場合は遺言が優先されます。

相続は、家や土地などの不動産、又は権利や金銭などの財産を受け継ぐだけではなく、借金などの負債も引き継ぐことになります。つまり、相続によって、価値ある財産(プラスの財産)を手に入れることもあれば、借金などの負債(マイナスの財産)を引き継ぐ場合もあるということです。
対象となる財産は、土地や家などの不動産、預貯金、有価証券、絵画などの美術品、貴金属や自動車等のプラスの財産と住宅ローンや借金などのマイナスの財産と様々です。

法定相続分

民法に基づいて決められた、遺産の取り分のことです。
これに対して民法に基づいて決められた相続人のことを、法定相続人といいます。

法定相続分(配偶者のみの場合)
相続人が配偶者のみの場合、配偶者が遺産を100%受け継ぎます。

法定相続分(配偶者と子供の場合)
配偶者と子供がいた場合、配偶者、子供それぞれが遺産の1/2を受け継ぎます。

法定相続分(配偶者と父母の場合)
被相続人に子供がおらず、配偶者と父母がいた場合、配偶者が遺産の2/3、父母が1/3を受け継ぎます。

法定相続分(配偶者と兄弟姉妹の場合)
被相続人に子供も父母もおらず、配偶者と被相続人の兄弟姉妹がいた場合、配偶者が遺産の3/4、兄弟姉妹が1/4を受け継ぎます。

法定相続分(子供のみの場合)
配偶者がおらず、子供がいた場合は子供が100%受け継ぎます。

法定相続分(父母のみの場合)
配偶者と子供がおらず、父母がいた場合は父母が100%受け継ぎます。

法定相続分(兄弟姉妹のみの場合)
配偶者も子供も父母もおらず、被相続人の兄弟姉妹がいた場合は兄弟姉妹が100%受け継ぎます。

子供が複数いた場合
子供、父母、兄弟姉妹がそれぞれ複数人いた場合は、その割合からさらに分配して受け継ぎます。

相続の開始

相続は人が死ぬことのみによって開始されます。
死ぬとは、自然死による場合と、法律上死んだものとされる失踪宣告認定死亡があります。

失踪宣告
一定要件の下に、被相続人が死んだものとみなす手続きです。7年で死んだものとみなす場合と事故などの災害においては1年で死んだものとみなす場合とがあります。
認定死亡
死亡は確実であるのに死体が出てこない場合には、市区町村の官公署において死亡地の市区町村長に死亡の報告をすることとし、これにより戸籍に死んだものとして記載する手続きのことを意味します。(戸籍法89条、15条)

相続の流れ

相続が起こったら、まずは遺言書があるかどうかを確認します。遺言書が公証役場で作成されたものではない場合(自筆証書遺言の場合)には、家庭裁判所で検認手続を受けなければなりません。

また、相続人調査相続財産調査を行います。相続人調査とはどのような相続人がいるのかを調査すること、相続財産調査とはどのような遺産があるかを調査することです。

さらに、被相続人の死亡と相続開始を知ってから3ヶ月以内に、これらの検認手続、相続人調査、相続財産調査の結果を踏まえて、各相続人らは、相続するか相続放棄をするかを決めなければなりません。

そして、相続放棄しなかった相続人らで遺言書の通りに遺産を分割し、また、遺言書がない場合には遺産を分割するための協議を行って相続財産の分け方を決定します。また、相続人らは相続分に応じて相続税を支払う必要もあり、これが終わることによって相続は完了します。

相続の流れ

相続問題はとてもトラブルにつながりやすく、事前の対策、準備が必要になります。
紛争を防止するためには専門家に相談しましょう。

相続についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相続ご相談専用ダイヤル全国対応24時間受付 0037-6030-14231

メールでのご相談はこちら