相続放棄

遺産を受け継がない手続き

相続放棄とは

相続が発生すると、現金や不動産のほかに亡くなった方の借金も相続することになりますので、場合によっては、相続を断りたいケースもあります。
この場合、相続放棄という手続きを執ることで相続を避けることが可能です。
相続放棄とは、相続人として権利を放棄する手続きです。相続放棄をしなければいけない状況としては、たとえば、プラスの遺産がなく借金しか残されていない場合や、自分も含めた兄弟が父親の相続人になっているけれども、長男に遺産を全部譲りたいから自分は相続したくない場合などがあります。

借金すべてを相続しなければならないことはありませんこのように借金も相続の対象になるため、被相続人に借金がある場合にはそのままにしておくと自分が被相続人の借金を返済しなければならなくなります。そこで、特に借金の相続を避けるために相続放棄をするケースが多いです。

相続放棄の仕組み

相続放棄の手続を行うと、相続全部を放棄することになります。したがって、借金も相続しませんが、もし、プラスの遺産があっても相続することはできません。
相続放棄は、家庭裁判所で相続放棄の申述という手続きを執ることによって効果が発生します。
ここで相続放棄をすると、具体的にどのような状況になるのかを確認しましょう。

たとえば自分が被相続人の子供で、その他、相続人として被相続人の配偶者(母)と兄弟(伯父など)がいるとします。この場合、自分が相続放棄をすると、被相続人の配偶者(母)に加えて、被相続人の兄弟(伯父など)が相続人になります。自分が相続放棄をした分、次の順位の者が相続人として加わるわけです。

相続放棄した場合の図

また、たとえば遺産が借金のみの場合、相続人全員が相続放棄の手続きを行った場合、だれもその負債を負わないことになります。

相続放棄の期限

相続放棄の手続きを行うには期限があります。この期限のことを相続放棄の熟慮期間と言います。
相続放棄をする場合、熟慮期間内に、本当に相続放棄するかどうかを決定しなければなりません。そして、相続放棄の熟慮期間は、相続があったことを知った日から3ヶ月とされています。そこで、相続放棄をしたい場合には、被相続人が亡くなって、自分が相続人になっていることを知ったときから3ヶ月以内の熟慮期間内に家庭裁判所に申し立てをして、相続放棄の手続きを執る必要があります。
また、この借金がどのくらいあるかわからないなどの理由で、熟慮期間内に相続放棄するかどうかを決められない場合には、家庭裁判所への申し立てによって熟慮期間を延長してもらうことも出来ます。

相続放棄のデメリット

相続放棄の手続きをすると借金を相続しなくて済むことになりますが、プラスの遺産も相続出来ないことになってしまうというデメリットがあります。たとえば借金が多いかプラスの遺産が多いのかがわからない間に相続放棄の手続きを行ってしまった場合、後からプラスの遺産がたくさん発見されたとしてもそれらを相続することは出来なくなります。そして、相続人全員が相続放棄の手続きを行った場合には、相続人不存在として、これらのプラスの遺産は「国庫」に帰属することになります。
また、相続放棄を行うと、次の順位の相続人に相続権が移るため、たとえば、被相続人の親兄弟に思わぬ借金を負わせてしまうなど、親族間でのトラブルの原因になることがあります。
一度、相続放棄の手続きを行ってしまうと、これを撤回することはできないため、本当にプラスの遺産がないのかどうか、専門家に相談するなどしてしっかりと財産調査を行うことが必要です。

相続問題はとてもトラブルにつながりやすく、事前の対策、準備が必要になります。
紛争防止のためには専門家が必要です。

相続についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相続ご相談専用ダイヤル全国対応24時間受付 0037-6030-14231

メールでのご相談はこちら